自社株が1株いくらかご存知ですか?非上場株式の財産評価

社長、いまご自身の会社の1株当たりのお値段をご存知ですか?

上場株式であれば、金融商品取引所つまり市場ので株価をみれば『平成○年○月○日○時の株は¥○○』ということがすぐに分かります。

非上場株式をお持ちの場合、多くの場合は株券の発行がなく、売買する機会もほとんどないので、実際その株にいくらの価値があるかということがなかなか知る機会がないと思います。また、中小企業の社長様やご家族は自社株式を持っていても、「金券」をもっているという感覚が薄いと思います。

いざ社長が勇退しようと思い株式を手放す際、自社の株価が高すぎて、手放す社長側は譲渡した差益にかかる所得税の負担が重く、対株式を取得する側では譲渡金額の支払いをしなければならず、相当の資金が必要となります。また社長が無くなられた場合には、その後継者の相続税の負担が重くなることがあります。会社の将来を見据え、承継に困ることのないように、自社の株価を1度は把握することをお勧めします。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

割印とは?誰かに話したくなる基礎知識

割印、捨印、訂正印など。これらはどのような時に使用される押印方法か、ご存知ですか?

同じ印鑑を使用しても押印方法や目的で呼び名が変わってきます。また、知らないと不利になってしまうケースもあるかもしれません。

今回は「割印」についてご説明します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

サラリーマンの方必見!不動産を法人で管理するメリット・デメリット

サラリーマンの方で副業として個人で不動産を購入したり、親から相続した不動産を有効活用して家賃収入を得たい若しくは得ている方、一体どのくらいの税金が掛かるのか知っていますか。

不動産を所有していることによって生じる家賃収入に掛かる所得税や住民税などは、サラリーマンの給与とは違い天引きとはなりません。自分で税金を計算し、納税までしなくてはなりません。

前もって知っておかなければ、家賃収入は入ってきたが固定資産税や所得税、住民税など思いもよらない税金の負担増に「こんなはずでは…」となる場合もあるのです。

そんな時には「どうにか少しでも節税できないか」と考えるのではないでしょうか。

よく「もうかりすぎたら法人化すると節税になる」なんて話を聞いたことはありませんか。しかし、法人化することで発生するデメリットもあります。

今回は、不動産の事業を法人化した場合や不動産管理会社を設立した場合などのメリット・デメリットをケーススタディで紹介していきたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

産休取得時の会社がやるべき手続き

 従業員が産休を取得する際、会社は何の手続きをいつ行えばいいでしょう。また、産休に関わる手続きは、従業員自身が行う手続きもあります。従業員からの質問にも対応できるよう、産休時の会社、本人の手続きをまとめました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

相続対策、相続シュミレーションしてみよう!

以前、贈与にかかる税金や贈与の種類の一部をご紹介いたしました。今回は相続対策のための贈与を考えるときの手順をお伝えしたいと思います。

 生前贈与をする方は、相続対策のために、「贈与」をしようと考える方も多いと思います。本当に贈与が必要か考えてみましょう。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

初めてでも安心!棚卸の基本のき ~上級編~

前回の「棚卸の基本のき ~初級編~」より一段階ステップアップした上級編の記事です。

実際の棚卸の流れや経理上の仕訳、税務調査で狙われやすいポイントなどをご紹介していきます。

初級編はこちら:初めてでも安心!棚卸の基本のき~初級編~

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

仕訳と転記:取引が帳簿に記載されるまで

経理業務の最終目的である正しい決算書を作るためには、仕訳や転記を正確にする必要があります。現在では多くの企業で会計ソフト等を使用し入力するだけで必要な帳簿類を手にすることができ、簿記の基礎的な知識がなくても経理業務が行えるようになってきました。しかし、仕訳や転記などの簿記の基礎知識を理解すると、より正しい決算書の作成につながります。今回は、複式簿記における帳簿の種類と「取引が帳簿に転記されるまでの一連の流れ」を図表を用いながらご説明します。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

法人が節税のために知っておきたい交際費等について

交際費として認められるのはどんな費用?交際費は経費扱いとなるの?など意外と知らない「交際費等に関すること」ですが、交際費が経費と認められるには、いくつかの条件が有ります。交際費等の主な費用や間違えやすい費用、法人の交際費等の損金不算入制度など、交際費等について正しく理解し処理を行う事で、節税が期待できるのです。

事業者により「交際費、接待交際費、交際接待費」などいろいろな勘定科目名で扱われることが有りますが、当記事内では「交際費等」として表記しています。

※平成30年度税制改正により、【交際費等の損金不算入制度】の適用期限が2年間延長されました。(平成30年6月22日追記)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

どうなる? 産休・育休中の社会保険料と税金

 

 今や、出産にともない仕事を辞めるのではなく、産前産後休業(産休)、育児休業(育休)を取得し、その後、会社に復帰する人も増えてきました。では、その休業する期間の社会保険料や税金はどうなるのでしょうか。

 ここでは、産休、育休中の社会保険料と所得税や住民税についてご説明します。出産、育児と出費もかさむ時期です。必要な手続きを行い、不要な出費を抑えましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

贈与とは??知っていると得をする贈与の種類

平成27年の法改正により相続税申告の該当者が増え、今や時代は変わり祖父母が孫の教育資金の為に贈与するなど珍しくありません。『1円でも違えば!』『タイミングを1日ずらしていれば!』『気づかないうちに贈与をしていて税金がかかってしまっていた!』そんなことのないように知っている方と知らない方に大きな差が出る贈与の種類についてご案内します。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket