知っておきたい年末調整 提出書類の内容と書き方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
nentyou-top

毎年11月頃になると会社から『扶養控除申告書』や『保険料控除申告書』などの用紙が配られると思います。「年末調整のための書類だから記入して提出してください。」と言われ、「昨年も提出したのにまた提出するの?」と思った方も少なくないでしょう。「なぜ毎年必要なのか、提出後なにが行われているのか、そもそも年末調整とはなにか」などについてや、2枚の書類の書き方・注意点を図表を使って説明しています。サラリーマンだけでなく、パートやアルバイトの方にも読んで頂きたい記事です。

1.年末調整とは

私たちは住民税や所得税、固定資産税、消費税など数種類の税金を納めています。そのうちの所得税については、納税者が自ら所得金額や納税額を計算して申告を行い納税する「申告納税方式」となっています。しかし、収入が給与所得者の方で自ら税金を計算し申告納税している方は少ないと思います。それは会社(雇用主)が、月々支払う給与から所得税を天引き(これを源泉徴収と言います)し、まとめて国に納めているからです。この源泉徴収に関連する手続きが「年末調整」です。

あなたの給料明細に[所得税]の項目が有ると思います。これが給与から源泉徴収されている所得税額です。ただし、この税額は『1年間の年収がこれくらいになるだろう』という推定のもとに概算で徴収されているものなのです。そこで年末に1年間の正しい所得税額を計算し、源泉徴収した税額との過不足を精算する必要があります。これが年末調整です。

2.年末調整の対象となる人・ならない人

年末調整は、文字通り通常は12月に行われますが、年の途中で行う場合も有ります。では、どんな人が年末調整の対象者となるのか次のチェック表で確認してみましょう。あなたは、どちらに該当しますか?

nentyou-check

3.年末調整の流れ(手順)について

ここでは、一般的な12月に行われる年末調整の流れについて図で簡単に説明します。赤い文字の部分が給与を受取る人(社員)が行う部分です。nentyou-nagare

図の中にも記載しましたが、差額の還付や徴収は12月または1月分の給与支払い時に行うのが一般的ですが、会社により異なりますので勤務先にご確認ください。

4.提出書類について

毎年、提出しなくてはならない2種類の書類の内容や、記入時に注意することについて説明します。

(1)「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」

年末調整時のあなたの扶養家族の状況を会社に申告する書類で、その年の最後の給与の支払時までに提出しておかなければなりません。この書類を提出していることが年末調整の対象となる一つの条件です。

今年すでに提出している場合は、11月頃に勤務先から再配布されますので記入した内容の確認や修正をして再提出します。また、会社によっては同時に翌年nentyou-tyuui分の申告書も配布し記入・提出してもらう場合や、翌年分の申告書のみを配布し、記入・提出してもらい会社側で本年の変化(異動)を確認する場合もあります。

配偶者や扶養家族の状況により控除額が変わってくるのですから、しっかりと確認や修正をしましょう。特に、右図のような変化があった方は修正を忘れず行って下さい。年内に転居した方は住所欄の訂正を行いましょう。

◆次の図は、「扶養控除(異動)申告書」の追加・修正記入の注意点の一例です。marufu-kakikata

◆次の図は、「扶養控除(異動)申告書」の記入時の注意点についてです。marufu-yokunen

平成29年分からは、フリガナの記載が必要となっています。また、個人番号(マイナンバー)の記入については、勤務先の指示に従って下さい。

(2)「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」

この書類は、1枚に2つの控除申告書が入っています。

.給与所得者の保険料控除申告書とは、

あなたが、この一年間に支払った生命保険料、地震保険料、社会保険料などの控除や、小規模企業共済等掛金控除について記載し、控除額の計算を行なうものです。

10月から11月頃に保険会社などから送られてくる「生命保険料控除証明書」、「地震保険料控除証明書」、「国民年金保険料控除証明書」などの書類の添付が必要ですので、失くさないよう注意して下さい。

生命保険料控除には、「一般の生命保険料」、「介護医療保険料」、「個人年金保険料」の3種類がありますので、「生命保険料控除証明書」に記載されている「保険等の種類、期間、新旧の区分、保険料の金額」などを良く確認して、該当する欄に記入して下さい。「生命保険料控除証明書」等は、申告書の記入が全て終了した後に申告書の裏面へ添付します。

.給与所得者の配偶者特別控除申告書とは、

配偶者の合計所得金額が38万円超から76万円未満(給与収入では103万円超から141万円未満)の場合に受けられる控除です。合計所得金額が38万円未満の方は配偶者控除の対象となりますので、扶養控除申告書の「A控除対象配偶者」欄に記入して下さい。

ただし、あなた(提出者本人)の所得金額が1000万円を超えている場合は申告できません。また、配偶者が青色事業専従者及び白色事業専従者の場合は除かれます。

◆次の図は、記入時の注意点をまとめたものです。maruho-kakikata

控除額の計算・記入までを行うのかは、会社により異なると思いますので勤務先の担当者に確認して下さい。

5.まとめ

いかがでしたか、なぜ毎年同じ書類を記入し提出するのか多少お解りいただけたでしょうか。2枚の書類(申告書)を提出するのは、あなたが今年納めるべき正確な所得税額を算出し、先に給与から徴収されている所得税との差額を精算するためなのです。

記入方法や記入例は、あくまで一例ですから勤務先からの指示にしたがって記入して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket